電話を使った営業方法は顧客を獲得する上で重要な役割を果たします。電話による営業を展開するときには電話代行サービスを利用するのが簡便です。どのようなメリットがあるのかを把握し、効果的に使えるようになりましょう。

電話代行のメリット

ノウハウのある人に担当してもらえる

仕事をする上で、取引先やお客様から契約のオファーやクレームの窓口として、電話で対応する事があると思います。いつどんな仕事をしていてもオフィスの電話が鳴ると至急対応しなければ、契約のチャンスを逃した…

人材確保の手間がかからない

電話代行は秘書代行とも呼ばれるもので、昭和40年代ごろから広がったかなり歴史のあるサービスです。特定の番号の電話を社外の専門のオペレーターに受けてもらうもので、かかってきた電話には、その会社名を名…

トータルでコストダウンが可能

人件費をコストカットできる

自社で電話対応を行う場合、専門のスタッフを用意しなければならず、人件費がかかってしまいます。もちろん、他の業務をしながら電話応対も行う、といったやり方もできるでしょう。しかしその場合、問い合わせ等の電話がかかってくる度に通常業務を中断しなくてはなりません。その結果、本来の業務が滞るようになってしまえば、結局人材を増やすなどして対応しなくてはならないでしょう。電話代行サービスを利用すれば、そうした人件費を丸ごとカットしてコストダウンを実現できます。片手間で電話対応を行うよりも充実したサービスを顧客に提供できる、というメリットもあるでしょう。サービスの質を高めつつコストダウンができる、それが電話代行サービスの魅力です。

雇用や設備にかかる費用も削減

電話対応にかかるコストは、人件費だけではありません。例えば新規にスタッフを雇う場合、求人広告を出して募集を行い、面接をするといった手間が生じます。求人広告を掲載するためにも費用が必要となりますし、面接のために時間を使わなくてはなりません。さらに専用の電話回線を引くなど、環境を整えるためにかかる経費も小さいものではないでしょう。電話代行サービスを利用すれば、事業所内に電話応対のためのスペースを割く必要もありません。定額制のプランを利用すれば細々とした経費が発生することもないため、最低限の費用だけで済ませることができるのです。電話応対を外部に任せれば本来の業務に集中することができるため、作業効率が上がる効果も期待できるでしょう。

電話代行は、どんなサービス?

電話代行は代表的なものとしてコールセンターがありますが、その他にも会社の受付と秘書の仕事や、通販サイトの受注業務全般などもあります。今では会社に限らず、電話に関係するあらゆる作業をカバーしています。

電話代行のコストパフォーマンス

実績が十分にある業者は安心

成果報酬ならコストパフォーマンスが高い

安全策として複数業者に依頼するのも効果的